お金を借りるクセが付いてしまうと金銭感覚が狂ってしまう

お金を借りる時は返せる時期を具体的に考えていなければならない

借りたお金は自分のお金ではない。お金が足りなくなる……そこで条件反射的に、お金を借りることをしていませんか?お金の借り方それ自体については、間違いなくみなさん真剣に考えているようですが、お金を借りる理由についても、もう少し真剣に考えてみてほしいのです。お金を借りるということは、お金を借りる→お金を儲ける→お金を返す、といった循環をスムーズにできることを前提にしています。

むしろ、お金の貸し手の立場に立って考えるとよくわかることなのですが、これから貸そうとするお金がどのように使われるのか、それを真剣に見ているものです。その見方は使う本人でないので、あなたの会社の立場以上に、お金が有効に使われるのか、精査しているものです。安易なお金の借り癖が身についてしまうと、お金の使い方まで安易なものになります。お金がすぐ手元にあるので、すべて返さなければならないお金なのに、あたかも自分の持ち物のように錯覚するものです。

それは、直接的に収益を生むとは思えない、社長室の高級応接セットに化けたり、高級社用車に化けたり、全く無駄だとは言いませんが、必要以上にハイパフォーマンスな機械設備に化けたりすることになります。そして、世の中はお金で解決できることが多いものですから、どうしても知恵を絞らずお金を使いがちになります。自助努力が不足するわけですから、いくらお金があったとしても足りるはずがありません。最後は借金漬けです。「なぜかこの時期になると、お金が足りなくなるんだよなあ」という漠然としたことを、話される方がいます。
お金を借りるというのは、なんだか後ろめたい気持ちになるかもしれませんが、そういう人にとってはキャッシング 無利息の会社やサービスを選んで申し込みをした方が良いです。
資産を受け取り相続人になった場合、資産に応じて相続税が生じます。相続税についてですが、1000万円から発生します。割合は一千万円を超えると5%ほど生じます。消費税程度なので、きちんと相続税 相談をしましょう。
必要な商品があるけど、高くて、今あるお金では買えない。そういった時には、金融会社というものを利用すれば、たくさんのお金借りる事ができます。大手金融会社なら安心です。


お金を生むためにお金を使う。◇会社の中でお金が循環し、価値が生まれるここで会社のお金の使い方について考えてみましょう。それは単に経営者が納得すればいいというのではありません。効率的にお金を生むようなお金の使い方をしなければならないのです。それは「お金を活かす」ということです。

このお金を生むためのプロセス、すなわち、事業を行うためにお金の投入が必要となってくるのですが、このお金の投入は冷静に考える必要があります。その事業が、どう転んでも赤字になるようであれば、お金を投入する意味はないと判断できるでしょう。あまり深く考えずに、借りたお金を事業に投入するものですから、事業自体のみならず会社まで傾いてしまう例が後を絶ちません。

新着情報
2013/09/19 オススメ記事を更新しました。
2013/09/15 新着記事を更新しました。
2013/09/14 撤退ラインを更新しました。
2013/09/11 下請け根性を批判を更新しました。
2013/09/09 借りられない状況を更新しました。
2013/09/07 なぜお金が不足するかを更新しました。
2013/09/06 お金を借りる時は返せる時期を具体的に考えていなければならないを更新しました。
2013/09/03 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
キャッシングサービスのプランネル @キャッシングレディースキャッシングのレディースフタバ
日本文化センターグループのプランネルが運営するキャッシングサービスです。電話・ネットで申し込み可能。日本最大級のキャッシング比較ポータルサイトです。各社の比較や新着情報を紹介しています。女性のためのキャッシングサイトです。簡単に手続きができ、女性スタッフが対応してくれます。